10月28日はカレー記念日

カレー記念日

年取って 早寝早起き 未だ無理

10月28日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

第37回 アラコキ暴走の期待と今年度初のオススメ本、の巻

 

先般の「笑っていいとも」終了における賑々しさのピーク時、私はtwitterでこんなtweetをしました。

大瀧詠一や安西水丸の訃報でも感じた「亡くなったことで人柄や業績や逸話が語られ、再評価され、生きてる間に知りたかったと苦い後悔を覚える」が、タモリは「笑っていいとも」を終わらせることで「間に合わせてくれた」気がする。
今後はいっそ、間に合ったことをこっちが後悔するぐらい暴走して欲しい。

われながら的を射たつぶやきだと思ったのですが(気色悪い自画自賛) 反響は「友人約1名がとても誉めてくれた」にとどまりました。

いや、別にそれが不満というわけではないのですが、このつぶやきの後に、あのあまちゃんの忠兵衛さん・・私にとっては人生で初めて見た日活ロマンポルノ『天使のはらわた 赤い教室』でのおなじみの蟹江敬三が亡くなっていたことが報じられ、あらためてtwitter140字には収まり切らない気持ちが噴出してきたのでした。

プシュー!と。

Statue of Samson Prying Open the Jaw of a Lion in Peterhof, St. Petersburg, Russia

私はタモリが好きですが、どちらかというと「タモリ倶楽部」「ブラタモリ」そして1990年代はじめから15年ぐらい続いたニッポン放送のラジオ番組「タモリの週刊ダイナマイク」限定のタモリファンです。
ですから、いいとも終了に特に思い入れはありませんでした・・いや、ないつもりでした。
実際、もう長いことちゃんと「笑っていいとも」を見ていなかったし、最近はマンネリだ視聴率低迷だと叩かれてもいたようなので、自分も世間もさほど感慨などないだろうと思っていたのです。

でも、そういう問題じゃなかったのですね。
私は全然わかってなかった。

ちゃんと見ていた見ていないにかかわらず、30余年続いた生放送の昼の帯番組が終わるというのは、あって当然の日常風景が忽然と消えるような、なくなることでその価値に気づいて呆然とするような、特別な「訃報」だったのですね。

 

今回の「訃報」の特殊さは、番組は終わってもタモリは生きているということ。
大瀧詠一安西水丸蟹江敬三のように、いなくなってから「こんな作品もあんな活動もそんなコメントもしていたのか。その存在をもっとリアルタイムで感じておけばよかった」という苦い後悔を感じなくてすむということ。

このことに国民はこぞって安堵感を覚えているのではないでしょうか。
それが、番組終了時のタモリ株急上昇のなによりの理由のような気がします。

Rising profits

存名中はほとんど話題にならなかった(有名)人でも、亡くなったとたん、マスコミや世間からいっせいに悼まれ嘆かれることは、当然といえば当然です。
死とはそういうものなのでしょうし、人を彼岸に送る一環の中にそういうことも組み込まれているのだろう、と。
でも、もしかしたら多くの人が、そのことにわずかな違和感や後ろめたさを覚えているのではないでしょうか。

少なくても私はそうです。
故人を惜しむコメントや文章が感情的であればあるほど「そんなに言う(書く)なら生前本人に、世界に、言えば(書けば)よかったのに」と思ってしまいます。

でもタモリに関しては、本人に、世界に、言える(書ける)。
みんな、そのことにカタルシスさえ感じているのではないかと思ったりしています。

暴走

 かつてナンシー関は「タモリは『笑っていいとも』でおじいちゃんになりたがっている」と言いましたが、今回、私の脳裏にはやけにその言葉がよぎりました。

ユーモアのセンスがあって、物分りがよく、説教臭くなく、気安くて、威圧感のない、ボケたふりはするけど頭脳明晰な理想のおじいちゃん、それがいいとものタモリだったのではないか、と。
本人もそのポジションがラクチンで続けてきたけれど、もともと誰の「おじいちゃんでもない」し、実は飽きていたのかもしれない、と邪推したりしています。

これからは好き勝手なことをしまくるうっとうしいジジイになって、今回の「終了ご祝儀相場」を急落させて「あのとき“タモロス”と悲しんだ自分はなんだったのだろう?」と世間の顰蹙を買えば面白いのに、と個人的には思います。

アラコキ(古希)の暴走を期待しています。

TV Remote Control

 

唐突ですが、ここで本の話題。
今年度最初に読んだ小説が藤岡陽子さんの『手のひらの音符』でよかった。
スミマセン!タモリともいいともとも全く関係ありません。

ヒロインは45才の服飾デザイナー。
過去と現在が交錯しながら、彼女を含めた登場人物達の半生が語られます。
ミステリーでも大河小説でもなく、順風満帆とは程遠い展開ですが、読後感は爽やかです。

それはラストに向かって希望の光が集約されているからだと思われます。

Shirts Hanging on Clothes Rack

人生はままならないことが多いけれど、かといって、誠実さやひたむきさが否定されるものではないという作者の気持ちが、直球で放たれて、読んでいる方にもじわじわ心地よく侵食してきました。
たまにはまっとうな力に組み伏せられた気分になるのも悪くありません(笑)。
オススメです。

by月亭つまみ

こんなブログもやってます♪→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」<


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • rieko

    いいともの後番組のあまりの内容のなさ?いや早く言えば面白くなさに今頃になってタモロスに陥りました。

    空気のような存在の番組だったと実感しています。

    蟹江さんは、亡くなったと知ってから、その夜の土曜サスペンスドラマにちょうど出ていて、たっぷりと堪能しました。

    ごちそうさんの後の意続いてる朝ドラもイマイチ入り込めないし、お昼の時間の過ごし方が変わりそうです。(←かなり疑わしいが)

  • つまみ

    つまみ Post author

    riekoさん、コメントありがとうございます!

    いいともの後番組、ほとんど見ていないのですが、かなり準備期間があったわりには誰がどう見ても、そそられないですよねえ。
    いいともの存在が大き過ぎて、制作者が腰が引けてしまったんでしょうか!?

    私もちょっとごちロスです。
    15分とはいえ、お昼の過ごし方、変わりますよね。
    そして、食事を作る意欲も低下しました(言い訳)(^_^;)。

  • sprout

    本屋に行ったら平台にタモリ論がずらっと並んでいて、つまみさんの名ツイートを改めて思い出しました。タモリ、まだ生きてんのに(笑)

    「死とはそういうもの〜」のくだりから「〜カタルシス」のとこまで、ま・さ・に!!!
    私の細胞にスポスポとはまるような言葉をありがとうございます。
    あー、デトックスした気持ち。

  • つまみ

    つまみ Post author

    sproutさん、その節はtweetを誉めてくれてありがとうございました。
    あれがあったからこそ、今回の文章になりましたのですよ。

    ホント、本屋で並んでますよねー、タモリ関係本。
    うっかり死んじゃわないか心配になってしまう。

  • あずみ

    タモリさんが本当にあの世に言っちゃったら、おんおん泣いちゃうだろうなーと思っているあずみです。
    今回のいいとも終了と、夜の特番(見てないけど、記事で読んだ)は、私にはタモリさんの生前葬に思えてしかたなかったですよ(涙)。
    つまみさんのTweetをオンタイムで見てなくて残念です。私も見てたら大絶賛してました!
    アラコキ大暴走希望っす(タモリさんに限定で)

  • つまみ

    つまみ Post author

    あずみさん、コメントありがとうございます!

    生前葬!確かに!!
    あの状況で涙を見せなかったのは「さすが!」と思いましたが(サングラスに隠れていたやもしれませんが)、生前葬で本人は幽体離脱していた、と解釈すると納得してしまいます。
    納得するな、ですけど(^_^;)

    今日、大型書店で、太田出版の「ケトル」という雑誌を見かけたのですが、「大瀧詠一が大好き!」と「やっぱりタモリが大好き!」が仲良く平積みされていて、ドキッとしました。
    http://www.ohtabooks.com/publish/kettle/
    ↑これ、半分、あの世に行かされちゃってません?(;´д`)

  • あずみ

    「ケトル」の表紙見ました! ありゃー、あれは確かに半分行かされちゃってる。よく言って幽体離脱中? 
    タモリさんみたいに年取りたいっすねぇ。

  • つまみ

    つまみ Post author

    あずみさん、おはようございます。

    でしょでしょ、ちょっと行かされちゃってますよねー。

    そうですね。
    タモリ的加齢法にあこがれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

50代、男のメガネは

Mくんのこと

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カイゴデトックス特設ページを開設しました:長芋の春巻

今週の「どうする?Over40」

今週金曜日、カリーナの本発売。そして、カイゴデトックスのサイトがオープンしました!

日々是LOVE古着

プリーズプリーツ…

カレー記念日 今週のおかわり!

手を出せば 出るの出ないの どっちなの

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ヘッドマッサージャーで柔らかあたま

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第26回 トラウマを蹴とばせ

OIRAKUのアニメ

第41回 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ島よ。ムッちゃん事件の顛末。

出前チチカカ湖

第162回 最近のトライ&エラー

なんかすごい。

2冊のZineと1冊の本

わたしをライブに連れてって♪

先生、倒れたってよ。

これ、入るかしら?

vol.73 髪をなるべくきちんと

いどばた。

エコバッグどれがいい?

絵手紙オーライ!

三つ葉のあの子・・・

昭和乙女研究所

お菓子編 アイス

これ、買った!

スマホ消毒器、買った

黒ヤギ通信

ゆっくりと

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

悩殺小娘

猫No.25  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

悩殺小娘

猫No.25  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up