2月29日はカレー記念日

カレー記念日

寒さに気圧 花粉に加齢 ああ、しんど

2月29日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.73  いつも何度でも 

人は、あまり同じ本を二度も三度も読んだりはしないのだろうか。「本好き=新規開拓に積極的」という傾向があるとすれば、再読する時間があるなら新しい本、話題の本が読みたいという方が自然な流れなのかもしれない。読み終わった本は、まさに「終わった」ものと見なされがちで、必要に迫られて一部を読み返すことはあっても、そんなに再読はされないのだろうか。そもそも、読解力や記憶力に秀でていれば、再読する必要もないってことか。

わたしは同じ本を何度も読む。とっておきや厳選に限って何度も読むのではなく、わりとカジュアルに再読する。気に入って繰り返し読む本ももちろんあるが、必ずしもそれだけではない。

たとえば、読み終わったときに「静かな湖の底にいる」ような気分になった本があるとする。細かい内容は忘れた頃、ふっとその気分だけがよみがえり、その場所に行きたくなるのだ。そこになにか大事なものを置いてきてしまったような、行けば回収できるような、そんな心持ちになる。

本を読み終わっても、気持ちは終わらないと思っている。忘れなければ。映画やテレビドラマもそう。終わっても、登場人物は今もどこかで続きを生きている‥そんな風に思わせてくれる世界が好きだ。再読とそれは親和性が高いと思う。っていうか、同一人物かも。人物じゃないけど。

今年も何冊か再読、再再読をした。再読界の常連『さざなみのよる』(木皿泉/著)は今年もまた読んだ。何度読んでも心に響く。死に向かって生きる人々がそこここにいて、でもそれは決して絶望だけではなく、終わりは始まりでもあるのだなあという余韻をまた味わうことができた。読めばその余韻のある場所に行けることが、今の自分にとってはなんとも心強くてありがたい。


Amazon

久しぶりに読み直した部門(?)では、今年前半に読んだ『光の帝国 常野物語』(恩田陸/著)がよかった。十年ぶりぐらいの再再読だが、自分のなかに常野(とこの)が在り続けていてくれたことが確認できてうれしかった。

この本を再再読したきっかけは、仕事関係の読書家の若い女性との「恩田陸の本は当たり外れが大きい」という会話だった。

「すごくいいのもあるけれど、オープンエンドという意味だけじゃなく読者をおいてきぼりにするようなものもありますよね」
「そうそう。肩すかし本もあるんですよねえ」
「でも、すっごくいいものもあるんですよ‥って、同じことを二度言ってますが」
「じゃあ、いちばん良かったのは?」

となって、わたしは迷いなく『光の帝国』を挙げ、未読だという彼女にアツく推奨した。そして自分でもまた読みたくなって、古い文庫本を引っ張り出したのだ。

遠野物語を意識したとされるこの小説は、不思議な能力を持つ常野一族が、能力があるがゆえの生きづらさを抱えながら、ひっそりと、でも善良に生きようとするエピソードを収めた連作短編集だ。世界は美しいが、同時に醜悪だ。特別な力を秘め、ひたむきで、それゆえに残酷でもある運命を生きる一族の姿は、能力が人智を超えているからこそ、読む方に届く場所も角度も日常を超えたような独特の切なさと哀しみがある。

この短編集は構成もいい。それぞれの編は時代も登場人物も違っているのに、どこかで繋がっていて最後に集約されていく感じ‥その過程が、振り返って読むとあらためて心に沁みる。思わず続編の『蒲公英草紙 常野物語』も再読したが、こちらもよかった。そうだ、これは何度読んでも絶対泣くヤツだった。案の定、今回も泣いた。


Amazon


Amazon

ここまで絶賛していてなんだが、恩田陸さんに実は不満がある。常野シリーズ、もう一作『エンドゲーム』という作品はあるものの、三作で打ち止めってことはないでしょう。四作目が当然出るであろうと思って十五年以上経ってしまった。このシリーズはもっと読みたい。読みたいよーー!

しつこく何度も同じ本を読む再読者は、書き手にとってはちょっとうっとうしい存在かもしれない。いや、絶対うっとうしいだろうな。

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • アバター画像

    okosama

    つまみさん

    小説を最初から最後まで再読することは滅多にありませんが、時折りパラパラと読んで楽しむ小説があります。

    恩田陸「ドミノ」。
    そんなこと有るかい!って事がパタパタ起こって一旦は一件落着ってのが痛快です。
    原田マハ「ロマンシェ」。
    「楽園のカンヴァス」など数々の美術系作品を差し置いて、唯一本棚に残った恋愛もの。
    共通するのは登場人物のポジティブさと夢のある展開。つまり私はワクワクを摂取したい(笑)

    そう言えば常野物語とは銘打っていないけれども、恩田陸「愚かな薔薇」は割と近いのではないでしょうか。

  • アバター画像

    みなよん

    こんにちは。

    ドラマや映画、小説の主人公は今も何処かで生活をしているといつも思っています。
    また、会いにいく為に見たり、読んだりもします。

    いつでも行ける場所、があるのはいいですね。

  • アバター画像

    つまみ Post author

    okosamaさん、こんにちは。
    やっぱり、小説を最初から最後まで再読することは滅多にありませんかー。
    わたしの「頭脳明晰な人ほどしなさそう」という説のリアリティがいや増しました(^^;
    『ドミノ』、一度しか読んでいませんが、わりと覚えています。
    原田マハさん、わたしも美術系より夢のある方が好きです。
    『キネマの神様』とか。
    映画は正直ちょっとがっかりしましたが、海を越えたやりとりのある小説の方、好きです。

    『愚かな薔薇』というのは未読です。
    読んでみます!

  • アバター画像

    つまみ Post author

    みなよんさん、コメントありがとうございます!!

    登場人物たちが今も何処かで生活していると思うのって、楽しいし心強い気がしますよね。
    最近では、「あまちゃん」の再放送を見て、終わっても、北三陸にあの濃い人々がいると思ってこっちもがんばろう、と思っています。

    いつでも行ける場所‥それがあるから、しょぼい日々もなんとかやってられるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

いろんな言葉

That’s Dance!文字起こし 第1回はepisode10 わかりづらっ!

60代、男はゆっくりご乱心

あの煙草屋のシベリア帰りのお爺さんの絶望

今週の「どうする?Over40」

あさイチでも紹介されたポッドキャスト「That’s Dance!」の文字起こし版、今週木曜スタート!

かわいいちゃん

友達の家のうさぎ

母を葬る

(8)思い込みだけで生きている

カレー記念日 今週のおかわり!

花粉センサー鈍って 初期療法失敗(泣)

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第64回 咳女の開き直り ふんだっ!

四十路犬バカ日和

もしものための老犬ホーム探し

OIRAKUのアニメ

第99回 メトロポリス

ミカスの今日の料理 昨日の料理

5歳と話す:揚げ湯波と小松菜の煮物

黒ヤギ通信

雪の日

山あり谷あり再婚ライフ

2泊3日入院生活

出前チチカカ湖

第195回 この言い方の復活を!

なんかすごい。

しごとをはじめた

夫亡き日々を生きる

カリーナからゆみるさんへ。2023年1月27日

いどばた。

幼いころ読んだ本を思い出しませんか。

絵手紙オーライ!

Yokohama旅便り(馬車道)

昭和乙女研究所

昭和のバレンタインデー

じじょうくみこの崖のところで待ってます

はなやぐお盆、わたしは墓へとタックルした。

ただいま閉活中

お守りが無くなったら

50代、男のメガネは

『レジェンド&バタフライ』で絶望の淵に立つ。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

貫禄十分

猫No.12  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up