7月3日はカレー記念日

カレー記念日

めんど草 根がはびこって 手強そう

7月3日はカレー記念日

爽子

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ジュテームの彼方、20年ぶんの埃かぶって、いま。

お寒うございます。お久しぶりの方も、初めましての方も、寒さ厳しき如月の週末を心安らかにお過ごしでしょうか。

こんにちは。じじょうくみこでございます。

ご無沙汰失敬

「近いうちに、崖のところで会いましょう」なんつって言いながら、気づけば丸2年がたっておりました。半年後には復活する予定だったのに、2年ってどういうことですか。わたしの2年はどこへ行ったんですか。ワープかなんかですか。深町くん来たんですか。

深町くんわからないわ、これは…愛なの?

時かけごっこをしている場合ではございませんでした。

初めましての方もいらっしゃるかと思いますので、さくっと自己紹介などさせていただきますと、わたくし「じじょうくみこ」と申します。長らく東京でフリーライターをやったり派遣で食いつないだりしながら、カツカツでトントンでキンキンな独女生活を送っておりましたが、思うところあって婚活にいそしみ、48にして離島の五十路男ズジョウ・ザビエル氏(通称ザビ男)と結婚。絶海の孤島・シマ島での慣れない暮らしに四苦八苦して、もうすぐ5年になろうかと

ちょ、5年

すいませんちょっと自分で驚いてしまいました…。いやーそうかそうか、5年なのか。まだ5年なのかあ。

もう20年くらいたったような気分ですよ。いやそれぐらい島になじんだって意味ではなくて、「5年にしてはいろいろありすぎ」ってことなんですけどね。とにかく毎日これでもかってくらい事件が起きるもので、正直、何から書いていいのかわかりません。わからないので、いまいちばんホットな話題から「崖待ち」サードシーズンを始めようと思います。それでそのホットな話題というのがですね、

大晦日にね、 家を追い出されたんですよ。


てへ

住み慣れた東京からシマ島へ引っ越して、ザビ男とのふたり暮らしをスタートさせたのは、集落のはずれにある小さな家でした。覚えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、以前「ジュテームのとなり、マイケルの奥。」という記事で書いた、例のおうちです。

そもそも同じ集落にはザビ男の実家があり、20年以上使っていなかった離れをリフォームして住もうというのが最初の計画でありました。ただ、内地から遠くはなれた離島には大工さんが少なく、資材も輸送費がかさんでバカ高。おまけに島時間ではたらく職人さんは動きもゆったりで、やっとこ見積もりにきてくれたと思ったら今度はあちこちでずさんな工事が発覚し、リフォームするにはそうとう手強い物件であることが判明。

これはいかんということで急きょ借りたのが、「ジュテームのとなり」だったのでありました。そこは内地に住んでいるザビ男の親戚、サトコおばさんが海水浴シーズンの間だけ利用するサマーハウスのようなおうち。2部屋だけの小さな平屋でしたが、生活に必要なものは完備されているし、もともと物に執着がないザビ男と、長年狭いアパート暮らしをしていたわたしにとっては、じゅうぶんすぎる広さでした。

長いこと使われていなかったらしく家のまわりは竹藪と化していましたが、いざきれいにしてみると巨木が生い茂る広い庭には風がよく通り、なんとも心地よい空気がただよっています。朝には鳥のちゅんちゅんいう声で目覚め、夕方には木々のすきまから燃えるような夕陽を浴び、静かな夜は思い思いにゆったりすごす…なんて環境なんだから、百歩譲っても最高です。

ここだけの話「両親と同居しないで済む」って

喜びのほうが 勝ったわけなんですけどねエエ

とにかくあまりの居心地のよさに、ザビ男もわたしもすっかりその家が気に入ってしまったのです。幸いにもサトコおばさんは、今後その家に住むことはないとのこと。「家を放っておくのも不安だし、できればふたりにずっといてほしい」なんて頼まれてしまったものだから、じゃあリフォームやめてここ住んじゃう〜? あわよくば家を譲ってもらっちゃう〜? なんつって調子ぶっこいていたわけなんですけどね、

それからのおよそ5年間、ザビ男とわたしはジュテームのとなりで、なかなかに奇妙な新婚生活を送ることになったのでございます。

そうは問屋がおろし大根ですわね

くわしく申せばその家には、ちょっと複雑な事情がありました。というのも後でわかったのですが、建物はたしかにサトコおばさんのものですが、土地はおとなりのジュテームさんのものだったのです。ジュテームさんはサトコおばさんの親戚で、つまりザビ男とも遠い親戚。そしてサトコおばさんとジュテームさんの間で25年だか30年だかの賃貸契約が交されていたらしく、その契約がもうすぐ終わるらしいのです。

そのことを、通りすがりの見知らぬじいちゃんから教えてもらいました(全員顔見知りの離島あるある)。「ずっと住んでいいわよ〜」って住めないじゃん! って話なんですが、もともとリフォームが終わるまでという約束だったわけですから、まあそんな都合のいい話なんかないよねーで終わるはずだったのですが。

問題なのは、おとなりのジュテームさんです。ジュテームジュテームいってますけど、ガッツ石松そっくりの小柄なおいちゃんなんですけどね、とにかくそのジュテームさんがちょっと厄介な人物だったのであります。

ジュテームさんのおうちはかつて大家族で暮らしていたらしく、古いけれど趣のある立派なお屋敷でありました。ところが、なんやかんやあって一家は離散。ひとり残ったジュテームさんもシマ島の中で問題を起こし、島を出てあちこち転々としていたと聞きます。わたしたちが住み始めたころも、ジュテームさんは近くの島ではたらいていて、大きなジュテーム邸は暗闇に包まれているのが常でした。

ところが住み始めて1年くらいたったころ、夜な夜なジュテーム邸に灯りがつくようになったのです。しばらくして、ジュテームさんが体を壊して島に帰ってきたことを風の噂で知りました。仕事ができなくなったジュテームさんは、1日じゅう家で酒をかっくらって過ごし、やがて貯金が底をつくと生活保護を受けるようになりました。

それでも不摂生をやめられず、生活保護費で酒を買っては家にこもって呑みつづける日々。ひとことで言えば、

ろくでなし

ってやつですね。

あーうぃ

それだけなら「感じの悪い隣人」で済むのですが、病院がないシマ島では急患が出ると救急ヘリで内地の病院へ運ばれるシステムになっています。そしてヘリには必ず、つきそいが同乗することが決まっています。このろくでなしジュテーム、ろくでなしゆえにしょっちゅう体を壊します。でも、家族はいないのです。そうするとどうなるかというと、

となりに住んでいるザビ男がヘリ同乗者に抜擢されるんですね〜

そんなわけでジュテームが帰って以来、ザビ男はやれ診療所だヘリ搬送だと呼ばれまくりでゲンナリ。おまけに行方不明だったジュテーム兄が亡くなったときには、ザビ男がジュテーム邸をすみずみまで掃除して、葬式まで世話してやったのでありました。


もうひとつ、この家には厄介ごとがありました。そう、大家のサトコおばさんであります。

サトコおばさんの家を借りたといいましたが、正確に申しますとサトコさんの家を「タダで借りた」ということになります。というのも、サトコさんは「親戚だから」と決して家賃を受け取ってはくれなかったのです。お金はいらない、リフォームも好きにしてくれていい、ただ家財道具はそのまましてほしい、というのがサトコおばさんからの条件でした。

いやいやいや

家財道具そのままだと住めないんですけど? と思うのですが、サトコさんは頑として譲りません。時間をかければどうにかなるかと思っておりましたが、そうこうするうちサトコさんの認知症が急激に進行。次第に辻褄の合わない話が多くなり、反比例するようにモノに対する執着心が強くなるのか「家のモノはぜったいに捨てないで」とくり返すばかり。

結果としてわたしたちは、2間しかない小さな家で他人の荷物に囲まれて過ごすという、借りぐらしのアリエッティ的な毎日を送ることになったのでありました。

わたしの荷物はほぼ未開封の刑

それだけじゃありません。普通アレですよね、人に家を貸すっていうのは「家をまるっきりあけ渡して立ち入らない」ってことじゃないんですかね? わたしはそうだと思っていたのですが、シマ島ではまったくもって様子がちがっておりました。

その家で暮らし始めてから数ヶ月ほどたったころ、急にサトコおばさんの娘であるタマキさんから、わたしに電話がありました。タマキさんとは面識がありませんでしたので、なぜわたしに連絡が来たのか不思議に思ったのですが、

「再来週に1週間ほど、家族でシマ島へ行きます」

「ああ、そうなんですね」

「よろしくお願いします」

「は、はあ……(?)」

これはアレだな、いつもの短い言葉にありとあらゆる意味を含ませる島トークだなと思い、港まで迎えに来いってこと? 車を貸してくれってこと? 食事をごちそうしろってこと? と早速ザビ男に解読してもらったところ、つまりはこういうことでした。

よろしく=家主が帰ってくるんだから、家どいて?

なんと…。

賃貸物件を家主が使うってこと、あるんですか? 借家とはいえ、仮にも大人の夫婦が生活している家ですよ? もっといえば、そこはわたしの仕事場ですよ? 想像を超える展開に「え、家を出るの? わたしたちが? 本当に?」とザビ男に何度も確認してしまいました。

本当でした。

本当にタマキさんたちは1週間後にやってきて、当たり前のように家に入ったのです。そのあいだわたしたちは長旅でも出るんかという装備でザビ家に避難し、借りてきた猫みたいに家の片隅でちんまり寝泊まりしながら、なんやかんやとタマキ一家の世話をすることになったのであります。

竹藪ボーボーで廃墟同然だった家が、快適なサマーハウスにもどったことに気づいたタマキ一家は、それ以来しばしば島へやってくるようになりました。サトコさんから「ねえずっといてちょうだいね、むしろ家をあげたいのよ、でも荷物は捨てないでね」といわれる一方、タマキ一家が来島するたび家財道具を背負って行ったり来たり。

こんなことならムリやりでも家賃をわたせばよかったと悔やまれる…。

大好きなおうちだけれど、なにかと厄介なジュテームのとなり。いいかげん引き際かなーとザビ男と話し合い、離れを早めにリフォームできないか大工さんと相談をはじめた矢先の去年。

シマ島は春から悪天候がつづいてリフォームはいっこうに進まず、そこへたてつづけに台風が襲来して島内のあちこちで被害が発生。数少ない大工さんがみんな復旧作業にかり出されてしまい、わが家のリフォームはあっさり暗礁に乗り上げてしまったのでありました。

いやーん

引越ししようにもできないし、かといって賃貸物件が少ないシマ島では新しい部屋も見当たりません。どうしたもんかと悩みましたが「島内はこんな状態だし、ジュテームもサトコおばさんも無理やり追い出すなんてこともないだろう。今までさんざん世話してやったわけなんだし」というザビ男の読みは甘かった。

まあ普通に追い出されたわけなんですよね(爆)

じつは古いうえにメンテナンスもしていなかったジュテーム邸、先の台風で屋根が落ちるなどの大規模な被害があった模様。日に日に寒さが増してきて、困ったジュテーム氏はこう考えました。

「そうだ、ふたりが出ていけば自分があの家で暮らせるじゃないか!」

そんなわけで突如としておとなりから「早く出ていってくれくれ攻撃」が始まり、わたしたちはクソ忙しい年末に荷造りに追われるハメになり、荷物を車に詰めこむだけ詰めこんで、なかば夜逃げ状態で家を出たのが大晦日。

そして、ぐちゃぐちゃの荷物の山と20年ぶんの埃にまみれながら、ザビ家の離れで2020年さいしょの輝かしい朝を迎えたのでありました。

スペクタクルすぎた

シマ島に嫁いで、もうすぐ5年。相変わらず崖っぷちな、じじょうくみこでございます。そんなこんなで、次回もまた、崖のところでお待ちしています。

それまでお元気で~

text  by  じじょうくみこ

illustrated  by  カピバラ舎

*「崖のところで待ってます。」は毎月第1土曜日更新です(たぶん)。


じじょうくみこの崖のところで待ってます 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • okosama

    おかえりなさい♪じじょくみさん

    なんと!
    二年のブランクを吹き飛ばすあっぱれな崖っぷちぶり。
    サードシーズン楽しみです!ウフ^_^

    取り急ぎコメントまで

  • きゃらめる

    お久しぶりです!おかえりなさい!!
    益々劇画チックサプライズマーベラスファンタスティックな日々をお過ごしのようで( ̄▽ ̄;)
    これからまた楽しみに読ませていただきます。

  • いまねえ

    おおお。。おかえりなさい。
    ひとまずはお元気そうでなにより。。
    というか、なんかいきなりのジェットコースター展開で
    先日観た映画「パラサイト」を思い浮かべつつ
    目を丸くしております。
    血縁地縁の濃さは外から見るぶんには面白く展開するけど
    中の人には・・・
    といいつつ、次回以降も楽しみです。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>okosamasさま

    こんにちは! 2年ぶりでもコメント1番乗りありがとうございます〜!
    いやほんとに、ネタが多すぎ&1本1本が重たいという
    大変難儀なことになっております(笑)
    今後ともどうぞよろしくお願いします〜。

    >>きゃらめるさま

    こんにちは! お久しぶりです〜^_^
    まさに毎日が劇画(大衆演劇かもしれない)
    今度ともどうぞよろしくです〜。

    >>いまねえさま

    こんにちは! ただいまです〜。
    復帰1本目が重たくて申し訳ない(笑)
    これでも軽めを選んだんです(えっ)

  • 玉のじゃく

    わー、おかえりなさい!

    いきなり怒涛のスタートですね〜

    今後の展開からますます目が離せません。似たような環境なので、シンパシーを覚えつつ、エールを送りつつ、楽しみにしています。

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>玉のじゃくさま

    こんにちは!遅くなってごめんなさい!コメントありがとうございます^_^
    似たような環境なのですか!? それは、ぜひ分かち合いたい(泣き笑い)
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします〜。

  • えこ

    待ってました!!!!

    じじょうさま、本当にだいぶ好きです!

    何とか細くながーーく続けて頂きたいなぁぁ!!!(´∀`)と、1ファンとして願っております!

  • じじょうくみこ

    じじょうくみこ Post author

    >>えこさま

    お返事遅くなりました!メッセージありがとうございます(^^)
    今度はなんとか頑張って書き続けたいと、そのように思っております!
    またのぞきにきていただけたら嬉しいですー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

絵手紙オーライ!

そそられアンティーク

50代、男のメガネは

もしかしたら、しでかしているかもしれないこと。

これ、買った!

夏のマスク(候補)買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

親と子:てばはち

OIRAKUのアニメ

第37回 BATMAN NINJA

今週の「どうする?Over40」

すばやく決めて、加齢に先制攻撃するクセをつけたい。

昭和乙女研究所

お菓子編 キャラメル

カレー記念日 今週のおかわり!

不要不急 いつから平気に なるのかな

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…でもありませんが…◆◇ 第22回 20年経って気づいたこと

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ファッション対談のお知らせと今後の展望

日々是LOVE古着

補修しながら着続けます

出前チチカカ湖

第158回 このフレーズが好き!2020

なんかすごい。

果物のなまえ

これ、入るかしら?

vol.70 胸元のボリューム問題

いどばた。

しあわせの種を撒こう

わたしをライブに連れてって♪

〇か▽か、それが問題だ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

じじょうくみこの崖のところで待ってます

あれから5年、思えば遠くに来たもので。

黒ヤギ通信

チャチャチャの茶♪

ワクワクしたら着てみよう

冬のペールトーンコーデにワクワク~♡

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

猫路高寝

猫No.87  by じゅにお

猫大表示&投稿詳細はこちら!

猫路高寝

猫No.87  by じゅにお

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up