4月26日はカレー記念日

カレー記念日

遅く起き 早寝の前に うたた寝す

4月26日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.10 クセが強い小説のクセが強いかもしれない感想

 
ジョン・アーヴィングの『神秘大通り』(上・下)を読み終わりました。

並行して読んでいたエッセイもあったとはいえ、読了までほぼ一ヶ月。現在、なにかとコマ切れの時間が多いせいで小説がなかなか読めず…というのは完全な言い訳ですね、はい。

小説のリズムに乗るまで、けっこう時間がかかりました。時系列が前後するし、同じ人物でも呼称が複数あったりするし、メタファーや宗教がらみの不思議なエピソードに事欠かないし。しばらくは、何度も立ち止まったり、振り返ったりしつつ読みました。

とはいえ、たとえ上巻に20日かかろうとも、途中で読むのをやめてしまおうとは思いませんでした。なぜなら、ジョン・アーヴィングだから。彼の小説は自分にとって「そういうもの」だから。

アーヴィングの小説は、なにかと過剰でクセが強く、欠落した人間ばかり描かれ、不公平で理不尽で残酷です。死や悲劇の気配が濃厚に漂いますが、同時に妙な明るさに満ちてもいます。

彼の小説を全部読んでいるわけではありませんが、少なくても『ガープの世界』と『ホテル・ニューハンプシャー』と『サイダーハウス・ルール』と『未亡人の一年』(あれ?映画化されたものしか読んでない?)は共通してそういう印象です。

 

世界の愚かさと愛おしさが、筆先から「節度?知ったこっちゃねえ!」と迸る感じで紡ぎ出される小説は、多少読みづらかろうが、うっとうしかろうが(うっとうしいのか?)魅せられます。今回もそうでした。

『神秘大通り』の主人公フワン・ディエゴは、妹ルペとともに、メキシコのオアハカ市のゴミ捨て場(ダンプ)でダンプ・キッドとして育ちます。フワンは、ゴミの中から発掘した本でスペイン語と英語を習得し、育ての親の車に足を轢かれ障害を持つ身になります。ルペは、喉の障害で兄以外には通じない言葉を話し、人の心が読め、未来を見ることができる少女です。

稀有な才能と障害を持った「奇跡」のふたりは、母親を亡くした後、一時期をサーカスで暮らし、フワンはその後アメリカに渡ることになります。

 

そして40年後、アメリカで作家兼大学講師となっている54歳のフワンは、メキシコ時代に親しくなったアメリカ人青年との「第二次世界大戦で戦死した父親の墓参りを代わりにする」という約束を果たすために、元教え子の作家の招聘に応じ、フィリピンに行くのです。

心臓に不安を抱えるフワンは(ダジャレ?)、長年の友人でもある女性医師ローズマリーから、心臓のためのベータ遮断薬と、万が一のためのバイアグラを処方されますが、道中、彼の作品と彼自身にやたら詳しい母娘と出会い、ペースをことごとく乱され、二つの薬を服用したりしなかったりすることで、過去と現在を頻繁に行き来するようになります。

読んでいるこっちも、波乱万丈な物語によって固定観念や常識が攪拌されるのか、どんどん「なんでもあり」な気分になります。そして、果てしないような限りあるような、一過性のような永遠のような、一見、相反することが実は同じもので、それらがスローモーションとハイスビードをランダムに繰り返しながら、最後はひとつの場所に収束していくさまを目の当たりにさせられるにいたっては、「これぞアーヴィング!」と膝を打ちたくなりました。

 

そして、時折、とんでもなく魂を揺さぶられる場面に出くわすのも彼の小説の醍醐味です。

今回、特に印象的だったのは、40代のフワンが、上述の女性医師ローズマリー夫婦と作家仲間と4人でレストランに行き、そこで偶然、高校時代の同級生ヒュー・オドンネル一家と会うシーン。

フワンは、サーカスでの生活後、彼に大きな影響を与えたカップル(物語的にもきわめて主要な人物たち)の養子になってアメリカに行き、高校に入学するのですが、クラスメートのヒューは、フワンの養親を見下し、執拗に侮辱するのです。ある決まり文句を使って。

当時は、それに対して言うべき言葉を持たなかったフワンですが、30年の時を経ても一字一句違わない決まり文句と変わらない口調で自分のこどもたちを制圧しようとするヒューを見、自分の席を立ち、声をかけます。そして、ヒューの妻と、あの頃の自分たちと同じ年齢ぐらいのヒューのこどもたちの前で、高校生のヒューが養親について言ったこと、養親の真の姿、そして自分の気持ちを静かに伝えるのです。

その後、思わずローズマリーがフワンに向かって口にした言葉も含め、ここは本当に素晴らしいシーンでした。映画化されたら、ハイライトシーンとして予告編に組み込まれること間違いなし!?

 

ジョン・アーヴィングの小説はちょっとヘンだけどやっぱりおもしろい。まだまだこれからも書いていただきたいです。新作が出たら、時間がかかっても頑張って読むからさ(だったら未読の旧作も読め)。

by月亭つまみ

 

【木曜日のこの枠のラインナップ】
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】

第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4、5木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 ゾロメ日記】

 

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

スポンサーリンク


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • つまみさんこんばんは。
    記事読んで、面白そう!これは読まねば!と図書館へ行くも、まさかの、というかさすがの30人待ち・・・!
    ファンが多いんですね~
    いつやってくるかわからないので予約はせず、ジョン・アーヴィングの「あの川のほとりで」借りてきました。
    なんかね、表紙が上下ともかわいらしくて素敵なんです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    凛さん、こんにちは。
    いつもコメントありがとうございます!

    30人待ち!?そうですか。
    試しに今、地元の区の図書館で調べたところ、上下ともゼロでした。
    ゼロー!?
    これはなんでしょう。文化度の違いですかなんなんですかどうしたもんでしょう(^^;

    『あの川のほとりで』の表紙、今確認しましたが、ホント、かわいらしいですね。
    私も図書館で見かけたら借りてしまいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇◆やっかみかもしれませんが…◆◇◆ 第1回 さる業界の人々

50代、男のメガネは

よく泣く子どもだった。

これ、買った!

花粉ブラシ付き布団払い買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

グルメなケア : たまごご飯

KEIKOのでこぼこな日常

魔法の杖ではありません

今週の「どうする?Over40」

堂々と自己PRできず半世紀越え。そして「やっかみかもしれませんが…」

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お肌にハリを与えてくれるもの

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File 27】人混みを上手に歩きたい。

なんかすごい。

まさみの帰る家

黒ヤギ通信

南極からの便り  風景印その2

これ、入るかしら?

vol.47 『もう悩まない!「素敵」になれる大人服のルール』読んでみました

ワクワクしたら着てみよう

ツイードジャケットコーデとメルカリと♪

いどばた。

たのしい誤変換コレクション♪

絵手紙オーライ!

絵てがみ再び。

あの頃、アーカイブ

【エピソード21】文化釜の時代

昭和乙女研究所

マリンテイストの服

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

わたしをライブに連れてって♪

・・・♪フェスのすすめ♪・・・

四十路犬バカ日和

バトーさまバンコクお輿入れ荷物

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

いろんな言葉

空気が流れれば、クヨクヨも消えていく。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up