11月20日はカレー記念日

カレー記念日

片足で くつ下はけた日 調子いい

11月20日はカレー記念日

にゃまの

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第6回 仕事なんて密かにアレしてナンボだ

 

正規・非正規を問わず、給料が発生する仕事をかれこれ40年近くやってきましたが、終わりが見えてきました。自己都合、他己都合(雇用形態の大幅な変更や民営化)で、いくつもの職場を渡り歩いてきましたが、職種は、事務員と図書館員のほぼふたつしか経験していません。

 

「図書館で働いています」と言うと、「うらやましい」「あこがれる」「クリエイティブ」「知的」などの反応があったりします。図書館員(司書)にはそういうパブリックイメージが多少あり、それをモチベーションやプライドにする従事者もいたりします。

不安定で、決して良いとは言えない雇用条件で働いている、要するに非正規の図書館員は存外に多いのですが、待遇や昇進という目に見える糧が少なければ、仕事の持つイメージとか、やり甲斐や達成感を、働く意味や自分の存在価値にしようとするのは自然の摂理だ、ぐらいに思います。

行政は、自らが長いスパンで責任を持って図書館員の人材を育成することを放棄する傾向にあり、公共図書館の多くは、民間に運営を任せる流れになっています。民間は当然利益を追求しますから(企業だからあたりまえ)、人件費はなるべく抑えようとし、しかも各方面から「任せてよかった」と言ってもらうために、地味な文献の保存などより、わかりやすいサービスに躍起になりがちです。

そこで「使える」のが、パブリックイメージや末端従事者の「本が好きだから」という気持ちです。雇用者側は、それに付け込んでいるとしか思えません。

目が回るように忙しくても、待遇を良くしなくても、図書館で働けるというだけでそこそこ人は集まります。そして文句も言わず、いい仕事をしようと頑張ります。徐々に疲弊し離脱して行く者がいたりしますが、それは想定内。代わりはいくらでもいます。だってクリエイティブな、よさげなイメージのお仕事だから。

悪循環です。

はたして図書館員は本当にイメージどおりの、自尊心をくすぐる仕事なのでしょうか。そもそも、全くクリエイティブじゃない、或いは、クリエイティブまみれの、お仕事なんて世の中にあるのでしょうか。

 

そう思う理由は、自分が今まで仕事を聞かれ「事務です」と言っても、一度もクリエイティブとか知的と言われたことがないものの、今振り返ってみると、事務員も図書館員も、自分の中でのクリエイティブ度(?)はほとんど変わらなかった事実に最近気づいたからです。

図書館利用者のためにわかりやすい掲示物を作ることと、定例会議のための資料のグラフの完成度を上げることって違うのでしょうか。多少の知識と経験値をよりどころに本を選ぶことはクリエイティブで、無駄のない日々のデータ入力や届いた郵便物の仕分けの効率化を模索することは非クリエイティブなのでしょうか。

人はイメージに踊らされるものですが、仕事の本質は、イメージのずっと奥にある気がします。どんな職種にしろ、目の前の仕事をごまかさずにやり続けることでしか入れない奥。…あ、「やり続ける」だって。自分で書いてて耳が痛いぞ。

 

「こぞって活躍しろ」「自分の確固たる居場所を作れ」「生きる意味を探せ」「価値のある仕事をしろ」…意外と危険な言葉だと思います。こういう言葉が功を奏する人は人生の糧にすればいいけれど、全員に当てはめる(当てはまる)言葉じゃない。そもそも、全員に当てはまる言葉なんてこの世にないし。

マジメな人ほど、この手の言葉に振り回されて、自分を卑下したり、他人の評価ならまだしも自己評価まで乱高下させて息苦しくなってしまう。そしていわゆる“やりがい搾取”の温床にもなる気がするのです。サービス残業なんて、やつらの思うツボだってば!

年齢を重ねるにつれ思うのは、仕事のやり甲斐に人生の価値や生きることの比重を置き過ぎると、仕事をしなくなること=自分の価値がなくなること、になって、ますます、加齢=忌むべきこと、になっちゃうのでは?という危惧です。

 

今、そんなことを考えながら、なにかと規制の多い学校司書という仕事で、「最後だから」という開き直りを発動させると、いったいどこまで好き勝手なことができるものだろうか、にチャレンジ中です。

最後と言えばそりゃもう「やり逃げ」に決まっています(?)。そうでもしなきゃ、働き続けてきた甲斐がない。やり甲斐ではなく、ただの甲斐。

どうやらそれが私の仕事に対する結論のようです。仕事なんて密かにふざけて最後は気持ちよくぶっ壊してナンボです。みなさん、なるべく気楽にいきましょう。

by月亭つまみ

◆木曜日のこの枠のラインナップ
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】
第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが…】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」

スポンサーリンク


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • はしーば

    やり逃げ上等!
    つまみさんの言葉でスカッとしました!

    潮時って本当にありますよね。
    自分で決めてこそ、ですが。

    明日から違う視野で景色が見られそうな気がしてきました。
    おーし。

  • つまみ

    つまみ Post author

    こんにちは、はしーばさん。

    仕事に対しては、自分はダブルスタンダードなんじゃないか、と思ったりもするのですが、仕事との距離によって感じ方が変わったり、相反する気持ちが混在するのもふつうのことかな、と思って、ええいええい!と書いてしまいました。

    「明日から違う視野で見られそうな気がしてきた」という、自分にとっては文章を書いた際の最上の言葉をいただいて、本当にうれしいです。
    書くときも、読むときも、イチバンはそれなんです、私。
    ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ミカスの今日の料理 昨日の料理

生きている : セロリと豚肉のキムチ炒め

わたしをライブに連れてって♪

「おひとりさま」最強説

日々是LOVE古着

70年代の柄いろいろ

今週の「どうする?Over40」

「失った」とばかり思っていたけど、「別の幸せ」も手にしていた。

黒ヤギ通信

カピバラセラピー

カレー記念日 今週のおかわり!

共感するわー ヒロインじゃなく 母親に

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

ファンデーションの効果を最大限に引き出すには。

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File NO.33 タカハシとタナカの呪縛をなんとかしたい】

フォルモサで介護

記録、取るべし。

50代、男のメガネは

何が正しくて、何が正しくないのか。

これ、入るかしら?

無印 ONE SIZEのパンツ

いどばた。

めまい体験について語りませんか?

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.18 書き出しが魅力的な短編集とかけて…

四十路犬バカ日和

バースデー準備は入念に!

絵手紙オーライ!

金色のちいさき鳥のかたちして

あの頃、アーカイブ

【エピソード27】僕のそばには、いつもカメラがあった

これ、買った!

エアリズムの八分袖を買い込んだ!

OIRAKUのアニメ

第8回 GODZILLA

KEIKOのでこぼこな日常

種まきうまくできたかな?

昭和乙女研究所

商店のドラマって多かったですね

ワクワクしたら着てみよう

寒い季節のブルーはクール!

なんかすごい。

本を手渡す

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

作戦失敗

猫No.21  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

作戦失敗

猫No.21  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • Cometさんこと米谷さんの著書「ウチの失語くん」が電子書籍で出版されます!
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up