9月23日はカレー記念日

カレー記念日

読み切れない 車内ニュースが すぐ次へ

9月23日はカレー記念日

れみまる

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第10回 桜の樹の下には極論が埋まっている

突然ですが
生活のためであれ、自己実現であれ、なりゆきであれ、フルタイム(に近い形)で仕事に就いている人に言いたい。

あなたは恵まれているかもしれない、と。

要介護の家族がいることで思うように外(仕事)に出られないストレスはハンパじゃないぞ。

「んなこたぁ、月亭つまみごときに言われるまでもない、こっちだって気楽に仕事に行ってんじゃないぞ、そもそもそっちこそ、この間まで、その家族のおかげで心おきなく外で働けたんだろ」と言われそうだし、まさにそのとおりなのだけれど、今回、私は開き直って、敵を増やしても致し方なし、ぐらいの気分で書いているので、ここはひとつ、「とにかく聞きなはれ!」と言わせてもらおう。(なんだ、この屈折方向からの好戦的な自作自演な物言いは)

介護する家族のことがその業界内だけではなく、最近は文学作品にも多く登場するようになったり、介護にまつわる制度が、十分とは言わないまでも介護者に寄り添うよう一歩を踏み出し始めたかのように見える昨今でも、介護の状況はなかなか理解されていない気がする。可視化されにくい日々の些事こそ、ハードなのだ…と、このところ、もぐらたたきのように、次々に出没する要介護家族の懸案に四苦八苦、右往左往、試行錯誤しまくっている自分は以下のように思ってしまうのだ。

問題や悩みを抱えつつも、自分の意思で決めた仕事に、(多少は家族との調整が必要とはいえ)気兼ねなく行けることを当然だと思っているそこのあなた、それは決して当然じゃありませんよ、と。

被害者意識にすっかり毒されているのかもしれないし、介護に無縁の人をやっかんで言っているところも多々あるのだろうが、10年ぐらい前まで、介護とは無縁で、そのラッキーさを無自覚に享受してきた自分だからこそ、今になって、それが奇跡に近い僥倖で、同時に、薄氷の上に成り立っていたことがわかるのだ。痛いくらい。

奇跡や僥倖が理解できるのは、そこから離脱したときなのかもしれない。byつまみ

…なんか偉そうだな、自分。

でも、「偉そう」ついでに言うと、中高年になれば、若いときのように人生のよりどころを仕事に求めなくなるんじゃないの、などと思っている人(たとえば過去の自分)がいたら言いたい。

甘い。

いくつになっても、仕事をすることで得られる(得られやすい)人生のよりどころがあると思う。

もちろん、それは必ずしも仕事でなくてもいいのだけれど、いろいろなシチュエーションの自分を持つのは大事だなあと年々思うようになっている。その中でも、金銭という報酬を得るための行動や思考というのは、自分にそれ相応の緊張感を強いることでもある。それは、人生の後半こそ、必要な気がすると強く思うようになってきた。

誰かに必要とされる実感は、確かに生活に張りを与えてくれるかもしれないけれど、自分を稼働させる自分を必要とする実感も、各種の「力」が先細る気がする中高年以降にこそ必要かも、と。

「介護で自分の人生をすり減らすな」「どんなに大切な人の介護であっても最優先は自分にしろ」…言うは易し、だ。私も人にもそう言ってきた。が、こと、自分がその局面に立つと、あまりにも多くの思い、選択すべき数多の事態に翻弄され、それに押しつぶされそうになって、そもそも自分本位制というものがどういうことなのかもわからなくなる。その結果が現在の自分の状況なのかもしれない。

くっそー!やってらんないぜ。

だから言いたい。まだ本格的に介護をしていない人、私を反面教師にしていいよ。後悔し続ける体力気力に自信がないなら、ギブアップも一手だ。要介護になった親(義父母)と良好な関係を保ちたいなら、一緒に暮らす道など選ぶのはやめた方がいいかもよ。私はまだ続けるけどね(苦笑)。

もっと、オトナらしい、全方位を網羅するような…たとえば糸井重里氏の日々のコラムのような人たらし的文章で今の思いを綴りたかったのだけれど、心身の余裕も物理的時間も力量もなかった。あくまでも極論だけれど、不快になった人がいらしたら申し訳ない。ただ、私を嫌いになってもかまわないけど、このサイトを嫌いにならないでね…なんちって。

by月亭つまみ

【木曜日のこの枠のラインナップ】
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】

第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊★切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • レオ(岐阜)

    「私はまだ続けるけどね(苦笑)」その気持ちだけでやった気がするよ自分。
    我が家の場合は、定年になった夫と二人だったので最後まで自宅で看取れました、
    が、仕事があったらもっとしんどかったと思う、
    あっちこっちで「愚痴」言いました、支援も受けました、
    それでも、「ギブアップも一手!」そうだよ。

  • 爽子

    爽子

    こんにちは、つまみさん。
    東京は、もうこんなに桜が咲いてるんですね。
    満開〜〜^_^。
    在宅介護、本当に大変。
    うちは、介護者が骨折して、流れが変わりました。
    渦中は、何を考えてたのかちょっと思い出せませんわ。

    最後のAKBまがいのご挨拶、素敵^_^

  • 江ノ島カランコロン

    ありがとう つまみさん! よくぞ言ってくれました。

    私の場合 四人抱えられるのだから 一人一人は 重度ではない。
    そう言った状況だからこそ 義父母が同じ屋根の下にいるのは 楽。
    移動時間が少なくて済み  必要なければ即、自分の世界に帰れますよ。

    私の野望は いつの日か 保育士へのフルタイム復帰!正規職員じゃなくても良いわ。
    ブラック保育園でなければね。
    その日のために フルマラソン挑戦(体力の向上 維持アピール)
            細切れ時間で 保育の勉強!
    週に六時間だけの保育パートが 私の命の充電!

    あ〜  仕事したい! つまみさん ありがとぉ

  • Jane

    いい記事だ…。

  • つまみ

    つまみ Post author

    レオ(岐阜)さーん!
    こんばんは。

    レオさんも、そうでしたかあ。
    私も、介護の点数を使いまくって(4月は足らないことがほぼ確定)、行けるところまで。
    もう行けないわ、となったら意地を張らずに次の一手を打ちます!

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さん、ごめんごめん。
    この写真、去年のモノなのです。
    今年はまだ桜を見に行ってません(^^;)

    骨折かあ。
    流れ、変わりますよね。
    そして、渦中はそう。
    私も、義父がイチバン大変だった頃、自分がどんな思いで暮らしていたか忘れてしまった。
    確か、カイゴ・デトックスの集いのときも「忘れちゃった」と言った気がします。

    私を、オバフォーのあっちゃんと呼んでくれ(誰も呼ばないっつうの)。

  • つまみ

    つまみ Post author

    江ノ島カランコロンさん、お久しぶりです。
    お元気ですか。

    おおっ!保育士のフルタイム復帰、ぜひ叶えていただきたい!
    そして週6時間の保育パート、私とシンクロしてます。
    私も、4月から小学校の図書室には週一しか行かず、まさに週6時間の命綱なのです。
    仕事、したいですよねえ。
    できないとなおさら。
    私なんて、いくらでもできていたときは、休むことばかり考えてたのに。

    それにしても、フルマラソンかあ。すごいなあ。
    かかと落としとプランクしかしてないもんなあ。

    こちらこそ、ありがとぉ!です。

  • つまみ

    つまみ Post author

    Janeさん

    いいコメントだ…。
    自分のためにしか書いてないような文章なのに、ありがたいありがたい。

  • 水仙

    わかります!今はそう言うのが精一杯。子供が巣立って何しよーなんて言ってる友人に(幸せ者メー)と叫びたい!

  • つまみ

    つまみ Post author

    水仙さん、コメントありがとうございます。

    そうですそうなのそうなんだ!
    人を羨むな、妬むな、嫉むな、やっかむな、なんて、まっとうなことを言うやつらなんてくそくらえだ。
    叫びたい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

クラウド・ファンディング、おすすめ返礼品のご紹介。

カレー記念日 今週のおかわり!

上出来だ 今日もひとつは やり遂げた

なんかすごい。

今日のわたしは新しいわたし

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

50代、男のメガネは

タピオカドリンクが流行っている。

これ、買った!

マキタ充電式クリーナーを買った!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料から大切なお知らせとお願い:カイゴ・デトックスin京都開催決定

OIRAKUのアニメ

第22回 彼方のアストラ

黒ヤギ通信

紙のタオルハンカチ

日々是LOVE古着

最近の戦利品

これ、入るかしら?

vol.62 この夏のサンダルとシャンプーと

いどばた。

みんなのバスタオル事情をおしゃべりしましょう。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.28 ヨシタケシンスケかもしれない

わたしをライブに連れてって♪

男の色気 女の色気

絵手紙オーライ!

ありえないほど綺麗な花々

あの頃、アーカイブ

【エピソード34】スポーツ観戦で語るカナコさんの60年

KEIKOのでこぼこな日常

ただ今、なんちゃって料理中

昭和乙女研究所

お菓子編 昭和のガム(後編)

ワクワクしたら着てみよう

秋の気配だけどまだまだワンピースなお年頃!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.40】 せっかちを直したい。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

愛情過多

猫No.55  by あずみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

愛情過多

猫No.55  by あずみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up