8月8日はカレー記念日

カレー記念日

つつがなく 一日終われば 万々歳

8月8日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.27 中島族讃歌

猛暑お見舞い申し上げます。みなさま、無事生きてますか?!

ここ数年、夏の傍若無人さ、容赦のなさに恐怖を覚えます。いったいぜんたい、この先、日本の…いや地球の夏はどうなっちゃうんでしょう?このまま暑さのインフレが続いたら、夏を乗り切ることが人生の大命題になり、ある年齢以上は「秋を無事に迎えられればそれだけでシアワセ。あとはどうでもいい」になってしまうんじゃないだろうか。あ、すでになってる?…二重の意味で恐ろしい。

暑くて脳がとろけそうですが、決死の覚悟で(?)本題に入ります。

今まで「好きな作家は?」と聞かれて、中島たい子さんの名前を出したことがありませんでした。不覚でした。あらためて、中島たい子さんが好きであることをここに告白させていただきます(勝手にしろ)。

デビュー作の『漢方小説』も、PMSを正面から取り上げた『そろそろくる』も、ヤングアダルトの哲学書というイメージが強いちくまプリマー新書の貴重な小説のひとつで、学校行事の前に決まって喘息の発作を起こしてしまう少女が主人公の『がっかり行進曲』も、中島たい子さんの書く世界は一貫したものがあると思います。

一言で言うと「心身のバランスを模索する小説」でしょうか。

バランスよく生きているように見える人っています。でも「ハタからはそう見えるだけ」なのかもしれないし、たとえ今はバランスよく過ごせていても、心身は日々変化しているものだから今後はどうなるかわからない。もちろん、精神を鍛えることは有効でしょうが、それにはやっぱり「模索する」という段階が不可欠だと思うのです。

人生はままならない。ままならないからこそ、なんとか自分を保つ考察と工夫が模索されるのであって、その結果が中島たい子さんの小説のような気がします。

そんな土台を基に構築された小説は、心身への着眼点が予定調和でなく、しかも、まず着地点ありきで綴られていないので、ウソくさくなくて私には好感が持てるのです。

今回読んだのは『院内カフェ』という小説です。

総合病院の中にあるチェーン店のカフェから、物語は始まります。主な登場人物は、このカフェでバイトをしている主婦で小説家の亮子、バイト仲間の村上君、カフェの客で、毎回同じオーダーをし「ここのコーヒーはカラダにいい」とつぶやき続けるウルメイワシのような目をした男ウルメ(亮子が命名)、同じく客で、眉と体毛が濃くて態度のデカいレジデントとおぼしきゲジデント(亮子が命名)、そして50代の孝昭朝子夫婦…以上です。

亮子はなかなかこどもができず、朝子は親を介護し燃え尽き、孝昭は難病を患っています。バランスを保つことが容易ではないそんな3人の日々や思いが、ウルメやゲジデントや村上君を時に織り込みながら語られます。

リアルです。ありありとリアル。特に、いつのまにか「介護人生」に取り込まれてしまった朝子のところは、自分の現在の環境のせいかもしれませんが、身につまされることのオンパレードでした。

たとえば
朝子が、介護のきっかけを「自発的にやった実家のオーブンレンジの掃除からだった」と振り返ることとか、たまに実家にやってくる二人の兄に共感して欲しくて愚痴をこぼしたところ、「そう?あいかわらず元気じゃない」と言われがっくりすることとか、介護のために準備段階で諦めた仕事に対して母親がずいぶん経って「そういえば、フラワーアレンジメントの教室は、うまくいってるの?」と言うこと、さすがに見かねた兄が言った「ヘルパーに来てもらえよ。金がかかってもいいから」という当然としか思えない言葉に涙をあふれさせてしまうのも。

親を看取った朝子のバランスを次に揺るがすのは、孝昭の病気です。もともと自分をさらけ出すことのない孝昭は、入院となっても心を閉ざしたままです。その彼に、マダム・スプラッシュ朝子(亮子が命名)が書く手紙…。この手紙ですが、なんというかもう!「読んでくれ!」としか言えません。

そして、群像劇のように描かれる、こどもにめぐまれない亮子と夫の会話(「今回は、ごめんなさい」とか)、村上君の免疫に対する考察、ゲジデントの海外でのエピソード、ウルメの変化、そして、ちょっと甘すぎるようにも思える心あたたまるエピローグ…どれもやっぱり「読んでくれ!」です。

この作品は4年前の刊行ですが、うっかり見落としていました。気づいてよかった。自分が読んだから言う訳ですが、なんでもっと話題にならないんだろう、この小説。

それでなくても中島業界には、京子女史とか義道センセーとか学士、みゆき歌姫や慶子画伯…などなどツワモノがたくさんいますが、たい子さんも負けてない。さすが、中島族だ!?

by月亭つまみ


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 中島

    中島

    くぅぅぅ〜 優しか〜〜〜 涙
    最後のは、私への応援歌ですね♡
    ありがと ありがと!

    中島たい子さんの『院内カフェ』、イオンの本屋さんになかったので、
    amazonでポチりました。
    ゾロメ読んだら、早く読みたくてたまらなくなってます。
    心身のバランスを模索して風穴をあけたいです。

  • つまみ

    つまみ Post author

    「中島」慶子さ~ん!

    お仕事で描いたイラストを景子さんがTwitterでUPしてくれるたび、「おおっ!慶子さんが頑張ってる!私も私の持ち場で頑張ろう!」と思います。
    それは、どこかの金言や名言より、ずっと自分に響いて、なぜかというと、慶子さんの人柄や、少し教えてもらった近況で、仕事の結果を出している姿が、ありありと感じられるからなんじゃないかと思います。

    『院内カフェ』は、人によって感じ方の違う小説かもしれませんが、自分にドンピシャじゃなくても、模索することであく風穴があるなあと思えてよかったです。

    暑いから、ムリすんな(^O^)

  • つまみさん、こんにちは。
    「院内カフェ」読みました!
    朝子さんの手紙、毅然としていて、たくさん苦しんだ後に行きつくこの彼女の境地にハッとしました。聡明な女性ですよね。この旦那さんにはけっこうイラ~っときたけど、この手紙で心をぱっと開いたんだな・・・てことがわかる返信メールで、よかった・・。大なり小なり、朝子さんみたいな状況・立場の方はものすごく多いですよね。この作品ドラマ化されたらいいのに~!つまみさんのおっしゃる通りたくさんの人に知ってもらいたい作品ですね。この作品があまりに良かったので、「漢方小説」も借りてしまいました。
    いつも素敵な作品を教えてくださってありがとうございます(^^)

  • つまみ

    つまみ Post author

    凛さん、残暑お見舞申し上げます。
    日本列島、洩れなく猛暑ですが、体調など崩されていませんか。
    私は、ここ数日で家のことが急展開して、なにやかやと落ち着きません。

    と、プチ近況報告で、コメントの返信が遅れた言い訳にして(?)

    ありがとうございます!
    読んでいただけてうれしいです!
    そうですよね。私も、この夫には途中までイラッとしましたが、徐々に、こういう人もいるんだろうなあと思い、「院内カフェ」という独自のポジションを独自の捉え方に持っていた作者に好感を持ちました。

    ドラマ化、いいですねえ。
    ヒロインの小説家はミムラかなあ。
    朝子さんは…逆風も吹いているようですが、小泉今日子はどうでしょうか。

    漢方小説も、じわじわ効いてくる小説なので、お読みになったらぜひ感想を聞かせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

今週の「どうする?Over40」

「どうする?Over40」は、8月9日(金)~18日(日)までお休みします。

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.27 中島族讃歌

50代、男のメガネは

映像を作りたい、という言葉。

ミカスの今日の料理 昨日の料理

ミカ料夏祭り企画:突撃ミカスの晩(昼)ご飯 #1

黒ヤギ通信

猛暑でくらくら

カレー記念日 今週のおかわり!

聖子ちゃん ともに歩みし 40年

絵手紙オーライ!

微笑む仏

これ、買った!

ほっこりライトを買った!

OIRAKUのアニメ

第20回 氷菓/Free!他

昭和乙女研究所

お菓子編 昭和のガム

ワクワクしたら着てみよう

こんな時こそ好きなこと!

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.40】 せっかちを直したい。

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

お勧めのマスカラ、そして究極のファンデ。

なんかすごい。

猫さがしだいさくせん

日々是LOVE古着

妙な使命感

これ、入るかしら?

vol.61 この組み合わせばかり着ています

いどばた。

pay使ってますか?

わたしをライブに連れてって♪

岡村靖幸とデート

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

あの頃、アーカイブ

【エピソード33】ドイツの肝っ玉母さん。

KEIKOのでこぼこな日常

安全と不便のせめぎ合い

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

猫式腹筋

猫No.68  by 減量人生

猫大表示&投稿詳細はこちら!

猫式腹筋

猫No.68  by 減量人生

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up