2月9日はカレー記念日

カレー記念日

ひっそりと ガードルというのを 処分する

2月9日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.62 取り返しのつかないものを自分なりに取り返すために

もう会えないんだと気づいて初めて、「わたし、けっこう彼(彼女)が好きだったみたい」とわかる人がいる。

それはリアルな知り合いに限らず、実際には一度も会ったことのない著名人だったりもし、そっちの方が多かったりもするが、著名人の場合、「もう会えない」というのは、ほぼ死を意味し、たいてい突然なので、驚きと寄る辺なさに狼狽えてしまう。

同じ思いの人と悲しみを分かち合うこともできないではないけれど、分かち合っても、喪失感や後悔が半分になるわけじゃあない。むしろ、もやもやが増えたりする(なんでだろう)。基本的には、ただただその気持ちとひとり向き合うしかないと思い知るのだ。

でも面識がなかった分、最初の寂しさはわりと早く癒える。いや、正確には「癒えた」わけではないが、日常の喧しさがいったん寂しさを凌駕する感じ。気持ちはバリバリ残っているけれど一度、落ち着こう、みたいな。そして、喪失感に引っ張られ過ぎなかったことに正直、安堵する反面、その程度の気持ちだったか、まあ、わたしはそうなんだろうね、と情けなさにも似た罪悪感を覚えるのが常だ。

清志郎ヒデキがそうだった。もっと無意識下では、千代の富士さくらももこ深浦加奈子竹内結子にもそれを感じた。そういう罪悪感は、その人の軌跡を振り返ることで解消するしかわたしには思いつかない。ありがたいことに、このご時世、パソコンを開けば、過去の彼ら(&作品)をずっと見ていられる。

今は、これからも忘れないと、今は(二度言った!)思っている、と意識することでしか、好きだった気持ちを昇華させるすべはないと、時に涙しながら、しばらくパソコンや本を開き続けることになるのだ。

小説家の津原泰水さんもそういう存在だ。千代の富士や深浦加奈子よりもっと無意識だったので、訃報を聞いてからこっち、そんなに好きだったっけ?と驚いている。

作品をすべて網羅しているということは全然なくて、読んでいるのは三作。三作のうちのひとつ『ヒッキーヒッキーシェイク』にまつわる騒動のときは、妙に義憤にも駆られ、くだんの文庫本(もちろん早川書房)を購入して読んだが、その時点でけっこう久しぶりだった津原作品は、相変わらず読者を選ぶ世界で、それをとてもおもしろく読めた自分は、まるで津原さんのシンパでずっといたような、選ばれたままだったような、間違った誇らしささえ感じた。なのに、その後、彼にのめり込むことはなく、先日の訃報を聞くことになったのだ。

そして久しぶりに『ブラバン』を読んだ。この小説は、発売後、わりとすぐに読んだのだが、その後、ハマったのは夫だった。自身も楽器を演奏する夫は、この小説を繰り返し繰り返し読んで、今では、テキトーに開いたページからでも即座に没頭できる域に達したと表明している。時にお風呂にも持ち込むため、本(単行本)の劣化は激しい。

わたしは今回、十五年ぶりぐらいに読んだのだが、やっぱり唯一無二の小説だと思った。そして、やっぱり読者を選ぶ小説だとも。

どこがおもしろいのかわからない、とにかく読みづらい、というレビューにも、わたしの一部は「確かに、構成が混沌としているところがあるし、とにもかくにも明るさに欠けるし…」と理解を示しつつ(ナニサマ?どこ目線?)、でも、残りのわたしは強く否定する。こんなにおもしろい小説があるか!と。

1980年代初頭に広島の高校生だった<僕>は、軽音楽同好会との掛け持ちをしている吹奏楽部員だった。四半世紀が過ぎ、中年になった<僕>は、流行らないバーを経営しているが、吹奏楽部で一年先輩だった女性が結婚することになり、本人の要望により、吹奏楽部を再結成しようという話になる。それが軸になった物語で、時制は、1980年当時と、二十五年後を行き来する。

中年の<僕>が、当時を回想し、ビリー・ジョエルの「オネスティ」の詞の辛辣さを語る場面、高校時代、父親に本物のエレキベースを買ってもらうくだり、四半世紀ぶりに会った先輩に<僕>が「自分はなぜか意地が悪いと言われる」と言ったときの先輩からの返し、閉塞感いっぱいのもろもろを経てのラスト…この小説をおもしろい、沁みる、と思えない人がいるなんて、と残念に思う段階は軽く通り越し、おもしろいと思えない人にもどうか幸あれ、ぐらいなことを思った。自分で書いていてヘンだけど。

今回の記事、津原さんが存命中に書かなかったことを若干悔やみはしつつも、贖罪ではなく、これから、新しい読者が生まれることの、一助になることを願ってやまない。同時に、著者と呼ばれる人は、自分がいなくなっても、地球が滅亡しない限り、その分身は在り続けるという事実を思い、空を見上げ続け過ぎてめまいを覚えたみたいな感覚になっている。脳内は広いな大きいな(意味不明)。

by月亭つまみ


Amazon


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.66 すぐそこにあった「エモい」

50代、男のメガネは

漫画を読み飛ばせ!

ミカスの今日の料理 昨日の料理

思い出:カネロニ

OIRAKUのアニメ

第81回 金の国 水の国

今週の「どうする?Over40」

あなたの「10年前の自分に言いたいこと」を教えてください。

黒ヤギ通信

歓喜の歌 第0楽章 きっかけ

カレー記念日 今週のおかわり!

いつの間に 仕込んでたのか カレーのモト

出前チチカカ湖

第187回 十といえば?

絵手紙オーライ!

ひさごのちいさな贈り物

昭和乙女研究所

昭和のレコード

かわいいちゃん

バリアフリー

山あり谷あり再婚ライフ

同感したり、されたりで心が軽くなる時

なんかすごい。

時間は待ってくれない

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

人生は引き算である

いどばた。

今年のクリスマス、なんかします?

日々是LOVE古着

(終)これからも。これからは。

これ、買った!

くっつかないしゃもじをもう一度買った!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

ああ、自粛。マスクとレタスのあいだ。

ワクワクしたら着てみよう

最近思うことをとりとめもなく書いてみた♡

わたしをライブに連れてって♪

コンサートwithコロナ

これ、入るかしら?

行き当たりばったりで失礼します

ただいま閉活中

まだ終わってないのかよ

KEIKOのでこぼこな日常

巣ごもりしてたらこんな買い物を…

あの頃、アーカイブ

【エピソード37】最終回記念、私たちのクリスマス!

フォルモサで介護

私が負けるわけがない

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.41】 私って多重人格!?

いろんな言葉

デトックスフォー、あの日を振り返る

四十路犬バカ日和

小さな日常、非日常。

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

暗黒物質

猫No.85  by つまみ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

暗黒物質

猫No.85  by つまみ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

カイゴ・デトックス 特設ページができました

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「ともに生きる。

  • ZOOMでプライベートレッスン、リモート英会話AQUA
  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up