5月23日はカレー記念日

カレー記念日

「館」のつく 場所で行くのは 図書館だけ

5月23日はカレー記念日

月亭つまみ

投稿はこちら

カレー記念日とは?

加齢を実感したら、それはカレー記念日。
抗ったり笑い飛ばしたりしながら、毎日華麗に加齢していきましょう。

あなたのカレー記念日も、教えてください。
五七五七七形式で、下の句は「○月○日はカレー記念日」なので
上の句の五七五だけ送ってね!

日付は掲載日に変えさせていただきます。

みんなのカレー短歌 一覧 >>

ゾロメ女の逆襲

【月刊★切実本屋】VOL.17 叫喚はあるが、共感はない…けど読んでよかった

 

ある朝、突然「海外の小説、それもミステリーじゃないものが読みたい!」という衝動に駆られました。

 

前世紀末、ミステリー小説ばかり読んでいた時期がありました。その頃は、宝島社の「このミステリーがすごい」を購入し、洋の東西を問わず、ランキングされた本をかたっぱしから図書館で借りていました。でも、もともと、自分はとりたてて「翻訳小説好き」というわけではなかったらしく、21世紀に入って読書傾向がミステリー中心でなくなってからは、翻訳小説を読む量は激減したのでした。

そんななかの突然の衝動。理由はきっと現実逃避です。

いや、必ずしも「現実から逃げたい。目を背けたい」と思っているわけではありません(ときどき思うけど)。

不愉快なこと、ままならないことに辟易することが多い日々ですが、自分が生きる場所は現実しかないわけだし、だったら、現実という日常のド真ん中を、目を開けて歩こうじゃないの、みっともなくても、思っています。

ただ、常時、現実を直視し続けるのは疲れるので、ド真ん中を歩く基本姿勢はそのままでも、時に心身を現実から躱すことも必要だと思っています。

そんなとき、読書は最適です。特に、設定が身近過ぎない翻訳小説はちょうどいい現実逃避になる気がします。なので、今回の海外小説に対する突然の渇望も、自己防衛本能が「ちょっと現実を忘れる時間を作って一息入れなさいよ」と発動したのかもしれないと思っているわけです。

で、手にしたのがミランダ・ジュライの『最初の悪い男』。長編が出たら読みたいと思っていたミランダ・ジュライが、タイミング良く初の長編小説を出したので迷わずチョイスしました。

 

作家活動のみならず、いろいろな分野で表現者として活躍中で、『いちばんここに似合う人』『あなたを選んでくれるもの』を書いたミランダ・ジュライの初長編とあらば、ある程度、覚悟(どっち方面かは定かではないものの)はしていたつもりでしたが、覚悟を上回るひょえ~~!な小説でした。

ヒロインであるシェリルは護身術教室から始まったフィットネスDVD制作のNPOで働く43歳。その団体の理事である65歳のフィリップに恋をしていて、妄想に明け暮れる毎日を送っています。

それとは別に、シェリルには、自分が子どもの頃に出会った「運命の子」との間の絆がずっと存在し、今もいろいろなタイミングで、違う年齢や容姿や親を持つその子に出会い続けているという一面(?)もあります。そして現実の彼女は、自分独自のルールを設定し固執し、「完璧。なんて快適だろう」と暮らしています。時折“ヒステリー球“の発作に襲われたりはするものの。

そんなシェリルのところに、怠惰で不潔で足が臭くて協調性のない上司の娘、クリーがやってきます。真逆のふたりが上手くいくわけがない。

シェリルは、築き上げたルールが木っ端微塵にされ、精神的に追い詰められますが、フィリップとの関係は予想外の展開をみせます。そして、クリーとの展開はもっととんでもなく、さらに、医療ソーシャルワーカーの介入も暴走し始め、中盤はもう何が何だか。

感情移入もしづらく、好感も持てない登場人物たちが、混乱の被害者であり加害者でもあるカオスは、展開がバイオレンスでぶっ飛んでいることも相まって、腰が引ける場面もしばしば。

さらに、後半になって、事態収拾の糸口に見えた存在すらあっけなく玉砕し、どんどんシェリルを追い詰める…かのように見えるのですが、はたしてシェリルは不本意な発端から展開に転回を重ねた自分の人生とどう折り合いをつけるのか。エピローグには不覚にも涙しそうになり、その直前の章の最後の一言にもグッときます。

 

正直、苦手な部分も多い小説でしたが、読後感は晴れやかで、でもそれすら一時的で、煙に巻かれたような気がしないでもなく、ただ、自分たちがつい理想にしてしまいがちな「自分らしく生きる」みたいな世界は幻想に過ぎず、現実はみんな、押しつけられたり鋳型に嵌められた役割や立場を生きているだけかも、とか、自分らしく、があるとしたら、それは不本意だったりする役割をどう演じるか、にかかっているのじゃないか、と思ったりしたことでした。

叫喚をのぞき見した気分ですが、共感は特になかったです。でも読んでよかった。

私のこの感想を読んで、矛盾だらけで何言ってるんだかわからん、と思った方こそ、ぜひこの小説を読んでください。わからんのがわかるから(笑)。

by月亭つまみ

◆木曜日のこの枠のラインナップ
第1木曜日 まゆぽさんの【あの頃アーカイブ】
第2木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 月刊 切実本屋】
第3木曜日 はらぷさんの【なんかすごい。】
第4木曜日 つまみの【帰って来たゾロメ女の逆襲 やっかみかもしれませんが…】

まゆぽさんとの掛け合いブログです。→→「チチカカ湖でひと泳ぎ」


ゾロメ女の逆襲 記事一覧へ


コメント、ありがとー!

  • 爽子

    爽子

    こんにちは^_^つまみさん。
    レビュー読むだけで、右往左往しました。
    あー面白かった!
    ので、もう満足だわ。

    自分らしく生きるが、わたしはいつもわかってないです。

    ずっとずっと迷い道を行く気がします。

  • つまみ

    つまみ Post author

    爽子さん、こんばんはー。

    いやいやいや、私のこの拙い感想じゃあ、その世界のドアの模様や質感さえわかりませんよ。
    機会があったら、ぜひ開けて、中に入っていただきたいです。

    「自分らしく生きる」って言い草、クセモノですよね。
    ハタから見れば無理をしているように見えても、それでギリギリ自分を守っているってこともあるし、逆に、なんか悠々自適、気楽で羨ましいと思えるような人がとんでもなく闇を抱えていたり。

    ずっとずっと迷い道、もうそれで行くしかないっすよ…と思いつつ、爽子さんの絵手紙を見ていると、そこに、すっごく「爽子さんらしさ」を感じるのも事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。また、コメントは承認制となっています。掲載まで少々お待ちください。


コレも読んでみて!おすすめ記事

ゾロメ女の逆襲

◆◇やっかみかもしれませんが…◆◇ 第12回 やっかむ相手が…

50代、男のメガネは

お尻を触るのはいいけれど。

これ、買った!

マキタって書こうと思ってたのによぉ!イージーエクサツインを買った。

OIRAKUのアニメ

第15回 舟を編む

ミカスの今日の料理 昨日の料理

カナダへ行ってきた。しかも、妹と。(終)

今週の「どうする?Over40」

過去への信頼が崩れる、ちょいハードな経験も新聞連載に。

日々是LOVE古着

古着以外で最近買った古いもの

黒ヤギ通信

黄金週間ちまちま

おしゃれ会議室 ねえ、どうしてる?

メイクアップレッスンに行ってきた!

カレー記念日 今週のおかわり!

行けるのか わからんけれど 申し込む

お悩み相談!出前チチカカ湖

【File No.38】大人の女っぽく おならに対処したい。

いどばた。

悲報、ポストが消えた・・・

なんかすごい。

偶然と天ぷら油

わたしをライブに連れてって♪

オシャレと若いは同居しない?

これ、入るかしら?

vol.59 新人になってみる

絵手紙オーライ!

令和元年

昭和乙女研究所

東京見物(中学生編 昭和50年代前半)

ワクワクしたら着てみよう

収納サービスを使っています!

フォルモサで介護

症状いろいろ、辛苦(シンクー)いろいろ

あの頃、アーカイブ

【エピソード31】浅間山荘事件を覚えていますか?

KEIKOのでこぼこな日常

はたして楽しめるのか?!

四十路犬バカ日和

2度目の初めて 〜公園デビュー〜

いろんな言葉

介護の言葉 その4

ラジオブースから愛をこめて

ノベルティグッズ

ただいま閉活中

(終)まだの人も、そろそろの人も、もうの人も、みんなお疲れさま!

じじょうくみこの崖のところで待ってます

島にいたって、人生は過ぎゆく。

着まわせ!れこコレ

冬とウェディングと後れ毛と

このマンガがなんかすごい。

第15回(最終回):マンガよ永遠なれ!

夫婦というレッスン

津端英子さんの一筋縄でいかない個性と行動力がすごい著書「キラリと、おしゃれ」

ハレの日・ケの日・キモノの日

暑くじめじめな7月

眉毛に取り組む。

総集編!眉毛ケアグッズ&お手入れ用品のご紹介

さすらいの旅人ゆりの帰国&奮闘日記

グアテマラ。そこで見た不思議な光景と懐かしい味

新春企画 輝く!カレー記念日大賞2017

輝く!カレー記念日大賞2017

≪往復書簡≫SEX and the AGE 

「女性の健康を守り、5歳若くなる抗加齢医療」だって。ボーっとしてたら、すごいことになってるね。

最近、映画見た?

第12回 「海よりもまだ深く」

Over40からの専門学校 略して「オバ専」

【オバ専インタビュー】今まで知らなかった「責任感」も含めて、人生が大きく変わりました。

じじょうくみこのオバサマー

四十九歳の春だから。

華麗なるヅカトーク

第8回 型、色、数! 嫌なことがあったら、また観に来る!

サヴァランのやさぐれ中すday ♪

in her SHOES ~ おばばは何を考えて? #8

器屋さんのふだん器

ふだん器-38  飛びかんな

2016 みんなのこれ欲しい!

サヴァランの「これ、欲しい!」。

2015 みんなのこれ買った!

【じじょうくみこ】低反発リクライニングソファ、買った!

ブログの言葉

「別冊 どうする・・・」はこんなことを大事にします。(過去記事より転載)

今日のこていれ

「今日のこていれ」最終回。1年間のご愛読に感謝を込めて。

崖っぷちほどいい天気

崖っぷちより愛をこめて〜最終回はカピバラとともに。

アラフ ォー疑惑女子

「もったいないお化け」の世代間連鎖

とみちっちの単身ベトナム&中国

ベトナムって、ハノイって、どう?

晴れ、時々やさぐれ日記

ああ、感謝。巳年と午年のあいだ。

中島のおとぼけ七五調

中島。の気ままに更新「おとぼけ七五調」12

ムーチョの人生相談「ほぐしてハッケン!」

【主夫ムーチョの相談】娘がご飯を食べません・・・。

ミラノまんま見~や!

連載最終回!「駐妻のここだけの話」にしようかと思ったが…災難に遭う!

ウェブデザイナーとの対談

大きな旗は振れないけど、小旗はパタパタと振れるだけ振っていこうと思ってます。

「最高の離婚」ファントーク

<対談「最高の離婚」最終回>ホームから電車に乗ってしまってキスして・・・ロマンチックでしたね。

スパコレ

美味しい缶詰を教えて!

2014 新春企画

どうする?Over 40 新春企画「物欲俗欲福笑い」♪( メンバー編 )

フォルモサ(台湾)の女

あずみの台湾レポート「やっぱり紅が好き!フォルモサの女たち」(13)〜不景気顔卒業します

ゾロメ女の図書館小説

帰って来たゾロメ女の逆襲 場外乱闘編 連載図書館ゴロ合わせ小説  『ライ麦&博 完結編』 後編

青蓮の「マサラをちょいと」

青蓮の「マサラをちょいと~人生にもスパイスを効かせて~ VOL.12」

Tomi*さんの最適解

「Tomi*さんの最適解。 ・・・白髪とコムデギャルソンとヤフオクと」  マインド編②

YUKKEの「今日もラテンステップで♪」

YUKKEの今日もラテンステップで ~VOL.13

よもじ猫

天下泰平

猫No.9  by はらぷ

猫大表示&投稿詳細はこちら!

天下泰平

猫No.9  by はらぷ

よもじ猫とは…

全世界初!?四文字熟語と猫のコラボ!

「よんもじ」と猫がペアになって、ランダムに登場します。
ふだん着の猫の一瞬を楽しむもよし、よんもじをおみくじ代わりに心に刻むもよし。
猫が好きな人も、そーでもない人も、よもじ猫の掛け軸からタイム&ライフトリップして、ときどき世界を猫目線で眺めてみませんか。

みなさんの猫画像の投稿をお待ちしています。

投稿はこちらからどうぞ

Member's Twitter


  • カリーナのBILOGはこちら!「どうする?年齢とおしゃれ。それからすべての生き方」

  • BLOG版 ウチの失語くん
  • 植松 眞人さんの本がでました♪「いまからでも楽しい数学―先生と数学嫌いの生徒、35年後の補習授業」
  • 「出前チチカカ湖」連載中 まゆぽさんの会社「シリトリア」

Page up